ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

佐藤幸子さん講演会in神石高原  

「子どもたちの命を守る会・ふくしま」代表。
3.11までは、自然農で自給生活を営んでいた福島・やまなみ農場の佐藤幸子さん。震災後の活動内容などをうかがえた。
納得出来ない事をウヤムヤにせず疑問を呈し真実を追う姿は、とてもジャーナリスティックな印象だ。おしどりマコ・ケンさんのよう。

原発関連の問題でなくとも、少しでも身近な問題に携わって動いた事がある人には、怒りの感情含めヒジョーに共感出来たのではないか。
ネットである程度の情報は見ることが出来るが、当事者の生の声を聞かせて頂けるのは本当にありがたい。

1
昨年尾道の上映会で鑑賞した『祝福(いのり)の海』にも出演されていた。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

2017年秋 首都圏旅〈1〉『安倍9条改憲NO!全国市民アクション11・3国会包囲大行動』  

旅、と言ってもいつもの夫婦車中泊旅行ではなく、この度は1人高速バスで東へ。主目的は11年振りの同窓会参加だったのだが、それだけでトンボ返りもナンなので数日間滞在してあれこれと。

いきなり最終日の話だが、表題の集会へ参加してきた。
国会周辺の集会参加は、2012年の反原発集会以来だ。

物凄い人で、波に乗って歩くしかないのだがタイミング良く国会正門前ステージにたどり着く頃に枝野さん(←友達?)のスピーチが始まった。
その後はうまく通路から外れて、三脚構えたカメラマンさん達の間におさまってじっと動かずに居ることが出来た。国会正門前最前列よ。ふっふ。

聴衆の熱気が見えるようだった。さすが時の人。
1
【立憲民主党党首 枝野幸男氏】

言葉に力のある方ですね。クレヨンハウスも行きたかったな。
2
【落合恵子氏】

逆光でカッコイイ風の志位さん(←友達?)。枝野氏と並んで聴衆を沸かせる。
聴衆というか、私もかなり沸いてしまいました。
3
【日本共産党委員長 志位和夫氏】

4
【社民党 福島みずほ氏】

こういう集会への参加に迷っている皆様、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。そんな堅苦しいものではないですよ。
若い方は勿論、「アベ政治を許さない」キーホルダーをリュックに下げたおばあちゃま達が和気あいあいとおしゃべりしながら参加されていたりと色んな人がいらっしゃいます。

実行委員会の皆様。ヘタレな私でも、参加するだけで意思表示出来る場を作ってくださってありがとうございました。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

台風一過の出雲へ  

連休中は遠方より客人家族来福。にぎやかに過ごした。
予定していた出雲観光の日は台風は去りよく晴れた。

我が家の軽では定員オーバーなので、レンタカーを使う。そして、時間節約のために高速道路で。(いつもは下道トコトコ)
出雲は初めてとの事で、定番コースをご案内。

昼は羽根屋伝承館店。ガラス越しに見える庭も良いし、定食(そば+御飯もの、しじみ汁など)もおいしかった。
たまには他のそば屋もと思いつつ、ここに来てしまう。

そして出雲大社。いづもおおやしろ。
いつもは駐車場からショートカットで拝殿に向かうのだが、今回初めて神門通りを歩いた。土産物屋やそば屋などが軒を連ねる。
ブーランジェリーミケというパン屋さんでメロンパンを購入。
大鳥居をくぐるのももしかして初めてかも?

この日に見たウサギ達。
1
2
3

出雲大社から20分、日御碕灯台へ。
4
灯台を上った後には遊歩道を歩き、東屋で休む。

駆け足になってしまったね。
次回は石見銀山でもいかがでしょう。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

2017年初秋 島根県車中泊旅〈前編・石見銀山仙ノ山〉   

少し前、9月初旬。暑さも和らぎ、そろそろ車中泊再開出来そうではないか。
天井のネットを外して後部座席の上辺りに物置棚をつけたり、机を少し広くしたりと手を入れた(←夫が)ところで猛暑に突入。しばらく車中泊はお預けだった。快適性の向上を確かめる旅に出なくては。オイル交換もしたし。
などと理由を並べてまたやって来た島根県。

お馴染み石見銀山の『群言堂』で昼食を。
1
【01:食後に夏パフェ】
数年前?に頂いた里山パフェもおいしかった。甘味部門は、パフェに強いようだ。

2
【02:中庭】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)
-- 続きを読む --

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

中村敦夫 朗読劇『線量計が鳴る』  

福島原発事故の実態やチェルノブイリ視察、原子力ムラの構造などが、元・原発技師だった老人の独白、という形で語られる。

日本と原発』『太陽の蓋』などの原発映画の場面を思い出したり、原発問題の総復習・仕上げという印象だ。2時間にこれだけの内容を凝縮させたのに詰め込み感もなく。これは脚本の素晴らしさなのだろうか。
方言の語りと絶妙な間合いと抑揚で堅い内容も飽きさせず。表現者ってすごいんだな…。

上映会の主催者ブログはこちらです。
満員御礼!中村敦夫『線量計が鳴る』福山上演

IMG_20170909_224902_convert_20170909225505.jpg

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0