ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

台風一過の出雲へ  

連休中は遠方より客人家族来福。にぎやかに過ごした。
予定していた出雲観光の日は台風は去りよく晴れた。

我が家の軽では定員オーバーなので、レンタカーを使う。そして、時間節約のために高速道路で。(いつもは下道トコトコ)
出雲は初めてとの事で、定番コースをご案内。

昼は羽根屋伝承館店。ガラス越しに見える庭も良いし、定食(そば+御飯もの、しじみ汁など)もおいしかった。
たまには他のそば屋もと思いつつ、ここに来てしまう。

そして出雲大社。いづもおおやしろ。
いつもは駐車場からショートカットで拝殿に向かうのだが、今回初めて神門通りを歩いた。土産物屋やそば屋などが軒を連ねる。
ブーランジェリーミケというパン屋さんでメロンパンを購入。
大鳥居をくぐるのももしかして初めてかも?

この日に見たウサギ達。
1
2
3

出雲大社から20分、日御碕灯台へ。
4
灯台を上った後には遊歩道を歩き、東屋で休む。

駆け足になってしまったね。
次回は石見銀山でもいかがでしょう。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

2017年初秋 島根県車中泊旅〈前編・石見銀山仙ノ山〉   

少し前、9月初旬。暑さも和らぎ、そろそろ車中泊再開出来そうではないか。
天井のネットを外して後部座席の上辺りに物置棚をつけたり、机を少し広くしたりと手を入れた(←夫が)ところで猛暑に突入。しばらく車中泊はお預けだった。快適性の向上を確かめる旅に出なくては。オイル交換もしたし。
などと理由を並べてまたやって来た島根県。

お馴染み石見銀山の『群言堂』で昼食を。
1
【01:食後に夏パフェ】
数年前?に頂いた里山パフェもおいしかった。甘味部門は、パフェに強いようだ。

2
【02:中庭】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)
-- 続きを読む --

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

中村敦夫 朗読劇『線量計が鳴る』  

福島原発事故の実態やチェルノブイリ視察、原子力ムラの構造などが、元・原発技師だった老人の独白、という形で語られる。

日本と原発』『太陽の蓋』などの原発映画の場面を思い出したり、原発問題の総復習・仕上げという印象だ。2時間にこれだけの内容を凝縮させたのに詰め込み感もなく。これは脚本の素晴らしさなのだろうか。
方言の語りと絶妙な間合いと抑揚で堅い内容も飽きさせず。表現者ってすごいんだな…。

上映会の主催者ブログはこちらです。
満員御礼!中村敦夫『線量計が鳴る』福山上演

IMG_20170909_224902_convert_20170909225505.jpg

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

2017年初夏 県北・出雲車中泊小旅行〈1〉 朝の風景  

5月末、またまたこじんまりと2泊3日で出掛けてきた。
タイトルの県北って何県だという感じだが、広島県です。広島県北と、島根県の出雲。今年は中国地方攻めてるなあ。

いきなり2日目。庄原の、静かな地区で迎えた朝の、散歩風景。
1
【1:米どころ】
庄原市は合併により、やたら広い。Wikiによると人口は36,000人弱。おー。

2
【2:ハムシおはよう】

3
【3】
イヌの散歩に良いな。冬は雪がアレだが。

4
【4】

この日の午後、吾妻山へ。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

2017年初夏 島根県山歩き車中泊小旅行〈5〉 3日目・鉄の歴史村(雲南市吉田町)  

天気も曇りがちな3日目は、山歩きは休み。「雲南に菅谷高殿っていうたたらの何かがあるらしい」と夫が言うので鉄を学ぶ日とした。

幸運なんです。雲南です
1
【103:ダジャレバスその1】

かつてたたら製鉄で栄えた吉田町。現在は“鉄の歴史村”として様々な活動をしているそうだ。
『鉄の歴史博物館』『菅谷たたら山内』『鉄の未来科学館』3館共通券を購入した。HPだとどうもわかりにくかったのだが、この3館は車で行き来する距離なのだ。どれから見ても良いと思う。

鉄の未来科学館
受付で吉田町案内という地図をもらう。
2
【104:1時間くらい滞在】
ここの向かいの『たたら鍛冶工房』も見学させてもらう。(無料)
昼近くになったので、5kmくらい走って『たたらば壱番地』という何となくヤクザっぽい名前の道の駅で昼にする。

鉄の歴史博物館
博物館にも数台分駐車場があるが、観光案内所稲わら工房の駐車場に停めて、数分歩いて到着。通りの雰囲気などが感じられるので、こちらに停めて正解だった。
3
【105:1時間半くらい滞在】

菅谷たたら山内(菅谷高殿)
ここが見たかったのだ。(夫が)
製鉄と、職人達と家族の日常が営まれていた集落だ。この菅谷高殿は170年間操業した。
4
【106:案内人さんによる、詳しい解説付き】

7
【107:高殿の内部】
付近散策含め、1時間くらい滞在した。冬場は雪深い地域らしい。
このような見学施設があるのは全然知らなかった。鉄にことさら関心がある訳ではないのだが、無知ゆえ何もかも新鮮でおもしろい。

夕方、飯南町へ移動する。頓原で夕飯に。
5
【108:きらく食堂】
ぶた汁(小)、白ご飯、おでん など単品を組み合わせて頂く。カウンターでおでん。渋い。
汁は野菜もたっぷりで、こっくりおいしかった。また来てみたい。ラーメンやオムライス(確か)など、メニューも豊富。

い~な い~な 飯南
6
【109:ダジャレバスその2】

この日は道の駅赤来高原に泊まる。明日は最終日だ。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 2