ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

2016年初夏 山歩き四国旅〈20〉 四国カルスト  

濃霧に包まれていた。標高1,400mは爽やかというか寒いくらいだった。
夕方だったこともあり、あまりゆっくり出来なかったが時間をとって歩くのも良さそう。
1
【294】

ウシだ。牧場なのでたくさんいた。
2
【295】

アナグマだ。2、3匹いた。
3
【296】

石灰岩だ。無数。
4
【297】

今夜の宿泊地、道の駅小松オアシスへ向かう。高知県から一気に愛媛県東部へ。

category: 鳥・哺乳類

tb: 0   cm: 2

ハナムグリとチューリップ  

ここ一ヶ月くらいの写真をちょこまかと。

3
【すぐそこで草をはむ】

4

オスの後ろ足が微笑ましい。
5
【重いんですけど…】

6

ワケギのプランターに。
7
【こっち来てこっち】

チューリップに悪さするハナムグリ。ちぎちぎと穴を開けて、結構な速さで裂いてしまう。何をしているのか。
8
【花びらがボロボロに】

1
2
【ブラッシングさせて欲しい】

category: 鳥・哺乳類

tb: 0   cm: 0

今日のリーちゃん  

3
【そうだ、一緒に写真撮ろうか】

ん?何だこりゃ。
2
【どれどれ】

なにこれなにこれ。
1
【寄り過ぎ…】

4
【結局撮れなかった】

category: 鳥・哺乳類

tb: 0   cm: 0

ヒヨドリ Brown-eared Bulbul  

調べたところ、日本では普通過ぎるヒヨドリだが、海外には少なく、世界中の愛鳥家の皆様にとっては垂涎の的らしい。と夫が言うではないか。
ええ~、そうなんだ。そんな訳でタイトルに英名記載。日本のかわいいヒヨドリを御覧ください!家の窓から観察できるよ!

何かな。キンカンが半分にちぎれたような形状のモノを食べようと四苦八苦している。
喉を伸ばしてアムッアムッとするが、大き過ぎて飲み込めない。喉につまらせるのではないか。

時には落としそうになったり。
1
【あっ!】
しばーらく格闘していたが、ようやく飲み込めた様子。飛んで行ったので、大丈夫そうね。

2
【無事飲み込んですまし顔】

category: 鳥・哺乳類

tb: 0   cm: 1

さよならヒレンジャク  

2月14日。洗濯物を干していたら、近くの電線に見慣れぬ鳥が。ヒヨ・ムクよりは少し小さめで、後頭部がピヨッとしている。尾のあたりが朱色?
私のコンデジでは歯が立たない距離なので、夫のカメラで撮ってもらう。調べたところ、渡り鳥のヒレンジャクのようだ。
2

ポツ、ポツと集まり始め、一気に群れて隣家のナンテンの木に。地面にはヒレンコ爆弾(フン)があちこちに。
3
【お食事中】

ヒィー、チィー、と高くはかなげな声で鳴く。5~6日は姿を見せたが、とうとういなくなった。元気でね。

1
【とうっ!】

category: 鳥・哺乳類

tb: 0   cm: 0