ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

2017年春 中国地方車中泊小旅行〈1〉 1日目・岡山県奈義町  

4月末、3泊4日で近場を小旅行へ。毎度の車中泊で車の屋根には太陽光パネル30W載せて。
昨年行きそびれた那岐山山歩きと、ふくふく牧場(庄原市)のチーズが2大目的だ。

初日は移動日としてのんびり10時過ぎ出発。

地元の人でにぎわっていた。
1
【1:遅めの昼は、橋野食堂(岡山県津山市)でホルモンうどん】
↑整理の都合上、画像に通し番号振ってます。

2
【2:奈義町現代美術館】

16時、今夜の宿泊地に到着。
3
【3:那岐山麓 山の駅 標高400m】
山の駅に飲食店があるのだが、食事は昼だけなのかな?この時間(夕方)は喫茶のみだった。
翌日の下見として登山口近くの駐車場などを確認して、夕食を探しに再び走る。
数キロ?離れた所にあった『ザ・大黒天』というディスカウントスーパーで激安・値下げ弁当と千切りキャベツを購入。

車内の灯りは、USB電源のLED電球(普段、家で使っているモノ)。
4
【4:食後のお茶】
GW直前の山の駅は貸切り状態で、コテージの利用者もいなかった。

駐車場は売店・レストラン側(上)とコテージ側(下)とある。上の駐車場の方がトイレにも近く便利だが、水路を流れる水の音が大きく、就寝時にどうかなと思ったので、下の駐車場を利用した。ちなみに夜間は上の駐車場の出入口にはロープが張ってあったようなので、音の問題がなくても下の駐車場の方が良いかも。

夜のトイレ(外に有り)は消灯されていて、スイッチも見当たらなかったのでヘッデン必須だ。

翌朝の奈義町の予報が3℃、山の駅はもっと下がるだろう。
夫は途中でフリースを着込んで寝ていたが、私は肌着とメリノウールの長袖T、素足で大丈夫だった。

category: 館・園など

tb: 0   cm: 0

ふくやま文学館特別企画展「かこさとしの世界」  

からすのパンやさん、だるまちゃんシリーズなどが有名だが、科学絵本や伝承遊びの本など幅広く描かれているのですね。
小さいのがたくさん描かれているのが楽しくて、ついつい友人知人の子供さんへの贈り物に選んでしまう著書の数々。

1

『からすのパンやさん』はロシアのモイセーエフ舞踊団の舞台に感銘を受けた著者が「個々の生きた人物描写と全体化の大事なことを学び」生まれた絵本とのこと。長く読み継がれる良書には理由があるのだな。

文学館は久し振りなので、常設展の井伏鱒二展示室などもさらっと見学した。「しびれ池のカモ」というのがおもしろそうなので今度読んでみよう。

ふくやま美術館のミケランジェロは結局行かなかったな。

category: 館・園など

tb: 0   cm: 0

ダリヤを見たかった  

過日、『世羅高原農場 秋のダリア祭』へ。
きっかけは夏に読んだ『小川未明新収童話集 2 大正13−昭和2年』だった。
22

異国の地から友情を込めて贈られてきたダリヤの種
蝶に自分が知らない町の話を聞かせて欲しいと頼む赤いダリヤ
ボンボンダリヤのような小さな紅い茸

いくつかの短編に“ダリヤ”が登場したので、改めて本物の花を見てみたかったのだ。

両肘を花弁の縁に乗せていい湯だな状態。
1
【すっぽり】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)
-- 続きを読む --

category: 館・園など

tb: 0   cm: 0

田中美術館で棟方志功展  

昨年2月以来の田中(でんちゅう)美術館。地元のラジオで棟方志功展の告知を聞いて、先週出掛けた。
ラジオね。やはり地域の細かい情報には強いですね。選曲とかはアレだったりするが、「某公共放送ですが、よくあれで受信料とるなあと思います!」みたいなリスナーのメールがぺろっと読まれちゃったりとか。

IMG_20161006_110357_convert_20161013213901.jpg
↑こういうのが有名だと思うが、まったく違う作風もあり、結構新鮮だった。

近くのパン屋さんでパン買って、公園へ。
公園の真ん中に立つ鏡獅子像を眺めながら遅い昼にした。

category: 館・園など

tb: 0   cm: 0

堂々公園と砂留  

曇天続きの9月、雨が落ちそうに無い日を狙って堂々川砂留群見学へ。

3
堂々公園:堂々川6番砂留上流部の堆砂敷を利用して作られた公園で、四季を彩る木々や刈り込まれた低木、延長344mの野面石の石組み水路などで整備され、緑と石と水辺の調和のとれた日本庭園風の公園です。流れ来る砂とのひるみない闘いの中で構築された古人の業績を偲ばせるとともに、現代の人々の憩いの場となっています。(ひろしま観光ナビより)
←この説明文は、話半分に…。太字部分だけ読んで頂ければ。

4
砂留:江戸後期に建設された砂防ダムのこと。

5
7
1
2

公園から車道を歩いて少し下る。
8
【とびがさこすなどめ】

9
10
【見えてきた】
広島県の文化財 - 鳶ヶ迫砂留に少し説明がある。

柵とか何もないので気をつけて。
6
【上に立つ】

しかし、砂防ダムというのはどうもわからない。子供向けの解説本でも探してみるか。機能がどうであれ、コンクリートのは見た目も醜悪だしなあ。

category: 館・園など

tb: 0   cm: 0