ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

タンカン陳皮、大根葉、だしパック  

●タンカン陳皮
10kg分のタンカンを1ヶ月で完食した。
4
【皮は干しカゴで片っ端から干して、ヒカヒカになった】

前回は粉末にしたが、今回はとりあえず手で細かくちぎった。
6
【瓶2本分。残りはどうしようかな】
マリネに散らしたら香りが良いかな?とか。陳皮茶とか。

●大根葉のふりかけ
定番、ご飯の友。
1
【ごま油で炒めて】
濃口醤油、酒、砂糖各大さじ1を入れて更に炒める。

2
【削り節はバキバキと細かくする】
水分が飛び始めたら削り節を加えて、混ぜ炒めたら完成。

3
【白ごまも】

●だしパック
今までのと材料は同じだが手順など変えてみた。この方が楽だった。予め全部混ぜ方式。

だしパック1個(水700~1000ml分)辺り、
削り節:大さじ2
煮干し:5~7尾
昆布:5~6cm角
まあ、分量は適当ですのでお好みで。

今回は8個作ったので、材料も上記の8倍で。

削り節は手でバキバキと細かくする、煮干しは頭とワタをとって細かく裂く、昆布は繊維方向に裂いてから手で小さく折る。
5
【全てをしっかり混ぜる】
だしパックに大さじ3ずつ入れて完成。

category:

tb: 0   cm: 0

菜っ葉とか  

夫親戚より春の味をたくさん頂いた。
山ほどの野菜を見るとテンションが上がる。うう。いつもありがとうございます。
2
【菜っ葉その1】

3
【菜っ葉その2と、卵のような大根】

1
【卵のような大根の菜っ葉は外で干す】

数日前には義母友人より新海苔(焼)を頂いた。
「ムシバナシちゃん、好きって聞いたから~」
うわあ、嬉しい。近日中に手巻き寿司でもしようかな。ゼイタクに。春はおいしいなあ。

category:

tb: 0   cm: 0

フキノトウがやって来た  

1

県北小奴可(おぬか)産のフキノトウを頂いた。
夕飯は天ぷらにした。わずかな苦味、独特の香り。春だ春だ。
他には、山茶茸(茶色いエノキ)、ニンジン、産直で手に入れたアイスプラント(初めて)、県産の豚ロース薄切りなど。
かき醤油に大根おろしをたっぷり添えて。
食後の楽しみは加計呂麻島のタンカン。

2

広島県の公立高校は今日が卒業式だったらしい。随分早いのね。出身校(千葉県)は、調べてみると8日のようだ。
高校の卒業式かあ。全然思い出せない。

category:

tb: 0   cm: 2

2017おせち備忘録  

前回の備忘録が役立ったので、今年も書いておこう。

1
【元日の昼】
重箱は、義妹家族と集まる夜に。昼は重箱に入り切らない在庫から皿に盛る。ん。かまぼこ忘れた。

品目
・黒豆(28、29日)
・ブリ焼き(28、31日)
・数の子(29日) 
・カブの甘酢漬(29日) 
・塩茹で青大豆(29、30日) 
・クワイの含め煮(30日) 
・ごまめ(30日)
・昆布佃煮(30日) 
・芋ようかん(30日) 
・かまぼこ(31日) 
・里芋白煮(31日) 
・錦玉子(31日) 
・煮物(31日) 
・松風焼(31日) 

詳細は省くが12月半ばから少々体調不良気味(家族揃って…)なので意識して無理しないように気をつけて過ごした。30日の餅作りは今年は休みにした。

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)
-- 続きを読む --

category:

tb: 0   cm: 0

鴨方のうどん屋さんへ  

矢掛からの帰路、南下して鴨方(岡山県)へ。

目的地はここ。
1
【手打うどん たぐち】
昼時なので混んでいたが、すぐに席に案内されて注文したらこれまた速攻で運ばれてきた。

おー。テンション上がる。一辺が割り箸よりも長い。器が隠れて見えない。
2
【天ぷらうどん(並)650円】
エビや野菜が散りばめられた平たい天ぷら。座布団系天ぷら。素晴らしい。おもしろい。
カウンターにはこの天ぷらが何十枚?も立てらして並んでいる。

どうやって食べるか。
3
【真ん中から攻める】
天ぷらのサクサクカリカリ食感が好きなので、なるべく汁に浸けないよう少しずつ崩しながら頂く。満足満腹でした。

category:

tb: 0   cm: 0