ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

ウメエダシャク  

少し明るめに画像補正した。
1
【多分、ウメエダシャク】

category: 虫など

tb: 0   cm: 0

2017年初夏 島根県山歩き車中泊小旅行〈3〉 2日目・三瓶山縦走~虫編~  

湿度も低くムシムシ大行進には程遠いが、梅雨入りすればもっと賑わうのでしょう。虫で。
種名は随時追記します。

たくさんいた。
14
【35:ドロノキハムシ】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)
-- 続きを読む --

category: 虫など

tb: 0   cm: 0

セスジスズメ  

何ていうんだっけ、ステルスみたいなガがいるよ、と夫。
んんー、ステルスっぽいのはコスズメか何とかスズメかそういうのかなあと言いながら見に行く。しばらく図鑑もめくっていないし、忘れるなあ。
3
【セスジスズメだった】
わー、久し振り。

2
【しがみつき】
カメラを近づけても逃げない。

この幼虫のフリフリくんも、この町のどこかでフリフリしていたのだ。

category: 虫など

tb: 0   cm: 0

ツクツクボウシ  

ジジジッとよみがえるか、もしくは命尽きているか。腹を空に向け転がっている小ぶりのセミ。
眺めていたら足がモゾと動いたので指を近づけると何とかしがみついてきた。

セミは黒目がち、というか黒目だらけでかわいいよね。黒目と言えば、過日訪れた道の駅か何かのレジ係女性の黒目が不自然に大きかった。これが黒のカラコンというものか。こ、怖い。ホラーっぽい。
1
【ツクツクボウシ♀かな】

ヒョッと飛び、部屋のカーテンにとまったりしているので、手の中にそっと包んで急いで外に連れ出す。連れ出している間に指の腹に口吻を突き立てるものだからチクチクする。
手を開くと少しして庭の木に飛んで行った。

category: 虫など

tb: 0   cm: 0

石見銀山の虫達  

雨降りの翌日、しっとりつややかな遊歩道を歩く。
1

パッと見は全身黒かと思ったが、縁が青かった。
2
【オオオサムシ?】

3
【イトトンボ】

4
【シオヤトンボ】

5

この赤虫、そっくりさんが複数いる。
6
【カクムネベニボタル?ニホンベニコメツキ?】
それともそれとも。

こちらは道中、道の駅奥出雲おろちループにて。
7
【オオトビサシガメ?】
あるサイトの危険生物情報によると「つかむと人も刺す。ハチに刺されたような痛みの後かゆくなる。」らしい。

んー。また訪れてしまった山陰。何となく、好きなんだよね。
石見銀山は、昨夏以来かな。

category: 虫など

tb: 0   cm: 0