ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

ニギウルメたくさん  

磯臭い。ここのところ、磯臭い日が続いている。
夏になり風が南に回ると、海の方から独特の臭いが漂ってくる。
さわやかな潮風や心地よい風とは程遠い磯臭さ。
イメージとしては海中を漂う大量のプランクトンが浜に打ち上げられ、死んで臭いを発している…という感じ。

二日前に、離れた集落に住む姉さんから「魚いりますか」とメールが。
いりますいりますと返信をして、夫にとりに行ってもらう。
ニギウルメでした。大量だったので、隣集落の二家族にもお裾分け。
そのお礼にとスモモジャム(コンポート?)をまたまた頂戴したりして、嬉しい限り。うふふ。
実はご近所さんからも同じタイミングでニギウルメを頂いていたので、魚祭りだ。やった~。

100628ニギウルメ
【老犬が猛犬と化し、魚をおそう】

ところでニギウルメとは?
ニギ→骨
ウルメ→紡錘形の魚全般

骨が多い魚なのでニギウルメと呼ぶらしい。和名は誰かに聞いたのだが忘れてしまったウルメイワシ
形状やウロコ、肉質からするとイワシの仲間だと思います。

で、2ヶ所から頂いた計26匹のニギウルメ。
一気にすべて3枚に卸した。
魚をさばくのは嫌いではないのだが、手際がよろしくないので時間がかかってしまう。
一時間はかたいな、と思ったので、元気補給にビールを選択。頼んだぞ、ビール。
ビール片手に何十匹もの魚をさばく。街暮らしではやったことがないゼイタクだ。キャッホー。

一日目は刺身、二日目は昆布で酢じめ、残りは冷凍。
そして今晩はしょう油とみりんで下味をつけ、小麦粉をはたいてフライパンで焼いた。
魚カレーもいいかも。

猛犬マクは魚の匂いには敏感で、塩ジャケを焼いた日にはリードを目一杯引っ張って、我々が食事をしている部屋に近付いている。
後で残した皮をもらうのが楽しみなのだ。ネコみたい。
ニギウルメも、卸したのを何切れかやったら喜ぶ間もなく完食。味わって欲しい。
以前、冷凍焼けした魚を捨てるには勿体無いので、ミンチにして魚団子を作った。
好き嫌いはないが、あれほど食いつきがいいのは初めて見た。
犬まっしぐら。

category:

tb: 0   cm: 4