ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『夜と霧 新版』ヴィクトール・E・フランクル、『フランクル 夜と霧』諸富祥彦  

過日読了した本の作中か後書きかに、『夜と霧』に関する記述があった。強制収容所から生還したオーストリア系ユダヤ人の心理学者ヴィクトール・フランクルによる実体験の記録と考察。収容所の内側から見た心理学的分析で、類を見ない一冊なのではないか。
題名は知っていたが、この歳まで未読だったのが悔やまれる。実家の親の本棚にあったのか。いや、あれは『北杜夫/夜と霧の隅で』だったかもしれない。

夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る

ナチスの将校は指をわずかに右、左と動かし被収容者達を振り分けた。後で知るには片方のグループは命を奪われ、フランクル含むもう一方のグループは労働者として選抜され生き延びたのだ。このような「運」と決断と選択の連続の日々。シャワーからガスではなく水が出て来た時の喜び。
想像しただけで精神が崩壊しそうな過酷な状況で、耐え切れず自殺の道を選ぶ者、何とか生きようと耐え抜く者。両者の違いは何なのか。人の精神はどのように変化を遂げるのか。フランクルは自他を観察し、分析し、解放後に9日間でこの本を書き上げたという。

被害者、加害者と単純な図式では捉えきれない細部にも触れている。被収容者達の監督を任される「カポー」と呼ばれる先輩格の被収容者達は、ナチス親衛隊よりも残虐で容赦なく振る舞う事が少なくなかった。逆に、親衛隊の中にもパンをそっと分けてくれる人もいたという。

自分の読書記録に引用メモが盛り沢山なのだが、一箇所だけ。

もともと精神的な生活をいとなんでいた感受性の強い人びとが、その感じやすさとはうらはらに、収容所生活という困難な外的状況に苦しみながらも、精神的にそれほどダメージを受けないことがままあったのだ。そうした人びとには、おぞましい世界から遠ざかり、精神の自由の国、豊かな内面へと立ちもどる道が開けていた。繊細な被収容者のほうが、粗野な人々よりも収容所生活によく耐えたという逆説は、ここからしか説明できない。

NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧NHK「100分de名著」ブックス フランクル 夜と霧
(2013/08/24)
諸富 祥彦

商品詳細を見る

こちらは日本人臨床心理士による解説書だ。まずは先入観無しに『夜と霧』を読んで感じてから、こちら『フランクル 夜と霧』を読まれることをおすすめします。復習気分で理解が深まる、かな。

読み手の精神状態によっては、より意味のある一冊になるのだろう。フランクルの言葉が必要になったら、読み返す時がくるかもしれない。

category:

tb: 0   cm: 4