ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『山怪 弐 山人が語る不思議な話』田中康弘  

赤いヤッケの男』は登山絡みの怖い話だったと思うが、こちらは里山生活者の不思議経験談。
現象を深追いせずに淡々と「あんなことがあった」と書かれている。
中四国の知った場所も登場して「えー、あそこにそんな話が…」と急に恐ろし度アップ。そうだったのか。年に数回通る、あの場所が。ううむ。

category:

tb: 0   cm: 0