ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『わたしは、ダニエル・ブレイク』  

制度の網からこぼれ落ちた(落とされた)人々(社会的弱者)に寄り添う監督の心を感じる。

映画では多少誇張されていると考えても、イギリスの役場も手強そうだね。
融通がきかない、人を人と思っていない。書類申請はオンラインで、詳しくはサイトをご覧くださいって、だからPCが扱えないっていうのに。効率化の末の不寛容、誰のための制度なのか。
現場の役人の問題(もあるかもしれないが)では無いのだよね。
冒頭の、ダニエルと医療関係者とのやり取りは「そこはサクッと済ませようよダニエル…」と思ったが。

それにしても、寝室税というのがあるのね。

心が痛む映画だった。ダニエルの愛情深さが救いだ。

category: 映画館など

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1429-a4a53dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)