ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『コルベ』川下勝  

ポーランドのオシヴェンチム(ドイツ語ではアウシュヴィッツ)収容所で他の収容者の身代わりとなり命を落としたコルベ司祭の伝記。(ユダヤ人ではないが、宗教者としての活動の一部が逮捕の理由となった)
その実話を知った時の静かな衝撃は『塩狩峠』(三浦綾子)を初めて読んだ時のものと似ていた。

両親の“行動力”“克己心”“意志力”“貧者への共感”など多くの精神性をを引き継いだコルベは、その資質と努力、信仰心を持って究極の自己犠牲の行いに至った。
コルベの生い立ちから信念・思想をくまなく学ぶには良いのではないか。私の場合は根気の無さから学ぶに至らず斜め読みですみません。

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1437-758fb7e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)