ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『その島のひとたちは、ひとの話をきかない 精神科医、「自殺希少地域」を行く』森川すいめい  

題名がおもしろい。その島とはどの島でしょう。

精神科医が国内の自殺希少地域5箇所を旅する。 
「本書を手にしていただいた方には、私の体験したことをお伝えするのみでありたいと思っている。」と記されている通り、難解な専門用語や解説も登場せず、結論に至るまでの経験、気づき、根拠などが細かに書かれている。
この5箇所は“ベスト5”という訳ではないらしい。全てが離島や海辺の町だったので、山間部の地域も混ぜて欲しかった。

自分がどうしたいのかが大切、空気を読み過ぎない、ということかな。
他の研究者の言葉で「(自殺希少地域は)赤い羽根募金の寄付率はとても低い」というものがあるらしい(高い地域もあるらしいが)。募金そのものの問題ではなく、皆がしているから私も、ということにはならない、右へ倣えを嫌う。
これは正に実体験と重なってわかるような気がした。地域の役員さんとかが集めに来るから断りにくいものね。あれ、断るのに少しエネルギーがいる。任意なので断れて当たり前なのだが、当たり前に断れる風通しの良さは大切だ。

文章の雰囲気から著者は女性と思っていたのだが、途中で男性だとわかった。

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1447-d7dc453d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)