ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『雷の季節の終わりに』恒川光太郎  

『夜市』でデビューして二作目が本作ってスゴイのではないか。
寝苦しい夜にどうせ寝付けぬならと読みかけの本書を一気に読了した。おもしろかった。

悪人にもそれなりの理由があり、それが切ない。どう考えても人道的にアウトな行いも、きっかけの出来事に関わらなければもしかして悪の要素が目覚めずに生きられたかもしれない。その辺りは主題ではないと思うが。

あと、「ん、あれはどうなった?」というのが無いでもない。

伊藤遊、朱川湊人、沼田まほかるファンにおすすめです。
幻想的な異世界がたまらない。くうう。

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1458-e9ae5405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)