ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

2017年初秋 島根県車中泊旅〈前編・石見銀山仙ノ山〉   

少し前、9月初旬。暑さも和らぎ、そろそろ車中泊再開出来そうではないか。
天井のネットを外して後部座席の上辺りに物置棚をつけたり、机を少し広くしたりと手を入れた(←夫が)ところで猛暑に突入。しばらく車中泊はお預けだった。快適性の向上を確かめる旅に出なくては。オイル交換もしたし。
などと理由を並べてまたやって来た島根県。

お馴染み石見銀山の『群言堂』で昼食を。
1
【01:食後に夏パフェ】
数年前?に頂いた里山パフェもおいしかった。甘味部門は、パフェに強いようだ。

2
【02:中庭】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)

石見銀山は『銀山地区』と『町並み地区』があり、両地区の真ん中に観光案内所がある。ちなみに群言堂は町並み地区。
今回は、町並み地区の端っこまで歩いて1本外側のバス通りを戻った。
貸自転車屋さんがちょこ、ちょことある。利用されている方も多い印象だが、走り抜けてしまうのは勿体無いかな。
時間が無い!あそこだけ見たい!という人には大変便利だと思う。

3
【03】

4
【04:イシガケチョウ?モノトーンなので印象が違う】

5
【05:ユウマダラエダシャク】

6
【06:ダイミョウセセリ関西型 と思われる】

7
【07:ノースキャロライナ(飴)のような】

観光案内所前に戻り、メインの銀山地区の遊歩道へと思っていたが、案内標識と地図を見ると他にも歩けそうなコースが。
8
【08:仙ノ山・石銀集落跡方面3.8km 標高差330m】
そういう山があったのか。せっかくなので未知なるゾーンへ行くことに。

9
【09:アオスジアゲハ】

10
【10:ここを通過する】

11
【11:コミスジ】

一般車が入れない、緩やかに上る舗装路をひたすら歩く。
12
【12:展望台から三瓶山が】

13
【13:ずっと、歩きやすい道が続く】

わ、地味だ。説明板はあるが、駐車場か何かのよう。想像力で風景を補う。
14
【14:石銀(いしがね)集落跡】

15
【15:クジャクシダ】

仙ノ山山頂は近そうだが、よくわからない。まあいいか。
同じ道を戻らず、龍源寺間歩近くの佐毘売山(さひめやま)神社に出る道を下ることにした。
ここからは下りきるまで一切写真がない。結構急な山道を一気に根気よくひたすら下る。思ったよりも時間がかかりそうなので、途中で靴紐を締め直してきちんと下りモードに。
翌日、前ももが筋肉痛になった。

16
【16:すっかり夕方に】
画像【08】の案内標識に戻る。所要時間2時間20分。あれ?そんなもんか。

温泉津(ゆのつ)温泉に移動。
17
【17:薬師湯】
10数年振りかな。湯舟一つの、シンプルな温泉。350円。
随分前にこの界隈の空き家物件で『売家50万円 風呂無し』みたいのがあったが、風呂は風呂屋を使いましょうという事か。おもしろいが、現実的には面倒だよね…。

珍しく更に西へ走り、海辺の道の駅サンピコごうつを目指す。
並びにあるドライブステーション舞乃市にある大黒食堂で夕飯をとり、サンピコごうつで車中泊予定。
…しかし、国道9号線の、丁度交通量の多い辺りなのか、なかなかうるさい。むむ。音だけならまだしも、外はまあ程良い気温だが、車内は窓を閉め切って寝るには暑そうだ。検討会議を開き、少しでも標高を稼ぐべく三瓶山の麓の西の原駐車場に移動することにした。小1時間走ったかな。

標高450m。西の原は、涼しかった。ヒャー!快適快適~~!と狂喜しながら快眠むさぼる。
18
【18:車内】
今回は太陽光パネルは無しで、モバイルバッテリーのみ。
いつも家で使っている灯りを吊り下げ、スマホの充電にも。

誤算は、トイレが改装工事中で工事現場によくある簡易トイレだった。

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1481-db158a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)