ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

中村敦夫 朗読劇『線量計が鳴る』  

福島原発事故の実態やチェルノブイリ視察、原子力ムラの構造などが、元・原発技師だった老人の独白、という形で語られる。

日本と原発』『太陽の蓋』などの原発映画の場面を思い出したり、原発問題の総復習・仕上げという印象だ。2時間にこれだけの内容を凝縮させたのに詰め込み感もなく。これは脚本の素晴らしさなのだろうか。
方言の語りと絶妙な間合いと抑揚で堅い内容も飽きさせず。表現者ってすごいんだな…。

上映会の主催者ブログはこちらです。
満員御礼!中村敦夫『線量計が鳴る』福山上演

IMG_20170909_224902_convert_20170909225505.jpg

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1482-e5bd05b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)