ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

アケビの肉詰め  

道の駅たかので購入したアケビ。珍しい。

1
【5個入300円】

パカと割れたら食べ頃らしいが、1つだけ先行して割れた。他のもよく見ると今にも割れそうに線が見えたので、そっと指で割ったらきれいに開いた。
まずは中身を取り出す。
2
【ウヒョー!】
なかなか強烈なビジュアル。ムニムニムニムニ動き出しそう。そうそう、こんな感じだった。
私が幼い頃。アケビを採りに、父に連れられて近所の雑木林へ出掛けた記憶がある。どの部分をどのように食したかは憶えていないのだが、おそらく私は気持ち悪がって口にしなかったのではないか。
この部分は加熱せず、食後にいただこう。

クックパッドを参考にした。
鶏挽肉、味噌、砂糖、酒、シソの実(たまたま産直で手に入れた)、大葉、シメジ(細かく裂く)などをしっかりこねて、アケビに詰める。
3
【ピーマンの肉詰めのようにはがれる心配はない形状】

途中でひっくり返す。
4
【浅めに入れた油でじっくり揚げる】
食べやすい大きさに切って完成。肉に味したので、何もつけずにこのままでおいしい。
アケビの皮はほろ苦いのだね。

そして外した中身はほとんどが黒い種で可食部分は少ないのだが、種周りの白い部分が甘かった。
今時としてはゼイタクな、自然な甘味。
アク抜きや苦味取りも不要、扱いやすくて良かった。アケビ、いいね。気に入った。

こちらも産直で。珍しい殻付きクルミ。
5

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1488-b769dc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)