ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『幻夏』太田愛  

そんなことがあってもいいのか。良いはずがない。
自分達の力の及ばない所で仕組まれた虚構に全てを狂わされた人達は、ではどうするべきだったのか。
これは小説だが、同様の事例はいくらでも埋もれているのだろうから恐ろしい。

著者 : 太田愛
角川書店
発売日 : 2013-10-29

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1492-31637246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)