ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

2017年秋 首都圏旅〈3〉 金沢自然公園・しだの谷~鎌倉天園②  

①の続きです。

小雨には折り畳み傘で対応した。両手を空けたいところだが、そもそも「靴はローカット、セパレートタイプのレインウエア無しで歩けそうなコース」を条件に選定したコースなので何とかなった。山ポンチョがあればザックカバーもいらなかったのだが。うーん。やっぱり欲しいポンチョ。

18
【17】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)

19
【18】

20
【19:18と同じ個体】

21
【20:19の裏側】

金沢自然公園内に、動物園がある。植物区は無料。この正門の右側にトイレがある。動物園に入場せずに使える。
22
【21:11時52分 金沢動物園
ああ~、動物園も見たい。見たいけど、時間的に無理だ。この天気で日没の早い季節なので仕方無いけど、残念。

23
【22:12時10分 動物園正門の向かって右側にある案内標識に従って散策再開】

程無くして、本コースの見所「しだの谷」が現われる。何で「シダの谷」じゃないんだろう。
ここに来るために、鎌倉天園ハイキングコースを歩くことにしたのだ。次回は、ここだけに来て一日過ごしたいくらいだ。
24
【23:木道が整備され、歩きやすい】
長年放置された感のある説明板によると
・この辺りの山間部では37種類のシダが自生している。
・しだの谷では、元の地形を生かし「雑木林」「崖地」「谷部のスギ林」の3つの環境に見られるシダを展示している。
・詳しく知りたい方は「ののはな館」へお越しください。
へえ~、37種類!

これが多かった。
25
【24:リョウメンシダ】

26
【25:イワガネゼンマイ】

27
【26:25の裏側】

57
【27】
予定のコースから少し外れて「ののはな館」に立ち寄る。
「途中の説明板に書いてあった『しだの谷マップ』が欲しいのですが」
「しだ?これならありますが」と渡されたのは森全体の散策マップだった。「いや、こういうのではなくてシダの資料のような」と食い下がると、ここ(売店)から飲食コーナーを抜けた奥に資料室的な所があり、そこにあるかも、とのこと。
奥に進んでカウンターの人に声を掛けてやっと手に入った。(カウンター内の棚のファイルから出していた)
ののはな館も見る時間が無くて、残念…。トイレもきれいそうだし(見ていないが)、休憩にも良さそう。

28
【28】

29
【29】

30
【30】
しだの谷はシダの名札がいくつも立っているのだが、設置されてからかなり月日が経っているのか、残念ながら名札と実際のシダの種類が一致していないものが多数あった。しかし「この辺りにこういうシダがあるかも」という探し方はできるかも。
後ろ髪を引かれつつ、しだの谷を後にする。またいつの日か。

31
【31:12時55分 高速道路沿いに歩く箇所も】

32
【32:13時04分 ひょうたん池

33
【33】

うわ、コレ何コレ何!?シダっぽいけど多分見たことない。
10~11月に胞子が成熟するらしい。じゃあ今なら中国山地でも見られるのかな。
34
【34:オオハナワラビとの出会い】

黄色いつぶつぶが子持ち昆布っぽい。なんかおいしそう。
35
【35:34の胞子葉】

36
【36:13時27分 大丸山156.8m 横浜市最高峰】

③へ続く。

category: シダ・植物

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1500-484f2e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)