FC2ブログ

ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

映画『スイス・アーミー・マン』  

シネマモードで1月12日まで。おすすめ度が高い奇作です。

予告を見たときから、新春1本目はこれと決めていた。
いやー、いい。好きだわ。2018年、良いスタートを切った。
死体の腐敗ガスを推進力に無人島脱出を試みる男。それだけでも恐ろしくバカバカしいのに、更にアレもコレもと新技がさく裂する。
しかし徹底しておバカ路線かというとそうでもなく、深み(多分)を感じたり切なくなったり。
まあね。始終お下劣ですよ。お下劣系は本来好みでないのだが、本作に限ってはナゼかいやでなかった。
お下劣に対する嫌悪感を凌駕する何かがあったのだよ。

奇想天外な発想と、絶妙な配役の勝利だね。
無人島で絶望している青年はポール・ダノ。こういう危ない、変態っぽい役がホント合う。『プリズナーズ』のオタク風も素晴らしかった。
死体のメニー役は、ハリポタ(未見)のダニエル・ラドクリフ。こちらも役者魂感じる死体っぷり。
『ガラスの仮面』で人形を演じる北島マヤを思い出した。

category: 映画館・上映会など

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1533-045ad678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)