FC2ブログ

ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

2018年初夏 出会いの四国旅〈9〉 シダワールド伊尾木洞(高知県安芸市)  

5月中旬~下旬にかけて訪れた四国旅を綴っています。

なぜ今までこの場所を知らなかったのだろう!と思ったが、歩きやすく整備したりと新名所となったのがここ数年のことらしい。
希少種が見られるというのではなく、40種類以上のシダが一ヶ所に生育することが大変珍しく、大正15年に国の天然記念物に指定されたということだ。
まさにシダワールド。シダパラダイス。シダ天国。

まだまだ梅雨入り前だが、しっとり感のある光景。
91
【69:この日は曇りだった】

以下折りたたみます。(スマホ画面では折りたたまれません)

国道55号沿いの公民館を目指す。車はここか、斜め向かいのKマートに停められる。
92
【70:伊尾木公民館
公民館利用の地元の方の車も停まっているので、Kマートに停めた。

あなごう?あなごうって何だろう。洞窟のことかな。
63
【71:Kマート
後で知ったのだが、あなごうせんべい、というものがここで売っているらしい。店をのぞけば良かった。
他のブロガーさんの情報によると伊尾木洞のパンフレットなども置いてあるとか。

案内板も丁寧なので、迷わず入り口へ。募金箱もあるよ。
64
【72:注意事項などが書いてある】

この時点ではトレッキングシューズ。
65
【73:浅い流れの横を歩いて洞窟を抜ける】
増水していたようで、少し先から進めなくなった。
公民館に戻り、長靴を借りることにしよう。

66
【74:公民館の裏に寅さん】

これはありがたい。除菌済みの札がついていたりして、きちんと管理されている様子。ありがとうございました。
67
【75:公民館で無料長靴貸し出しがある】
白いラックに三つ折りカラーパンフレット「伊尾木洞」と、ペラ1枚の「伊尾木洞散策ルートマップ」もある。長靴不要の時でも、公民館でパンフと地図を入手してから散策開始しましょう。これと同じのがKマートにもあるのかな?

パンフにはシダ7種の写真が掲載されている。
ちなみにその7種とは以下の通り。
・ホウビシダ
・シロヤマゼンマイ
・マツザカシダ
・ホウライシダ
・ノコギリシダ
・クリハラン
・コモチシダ

改めて、散策再開。画像【73】の続きということで。
68
【76:シダの岩、シダの壁】

69
【77:マツザカシダ】

70
【78】

71
【79:サトイモ科?】

72
【80:ノコギリシダ】

73
【81:80の裏】

74
【82:数種がこんもりとシダの盆栽、もしくは寄せ植え風】

75
【83】

76
【84:寄せ植え風】

77
【85:ノコギリシダ】

78
【86】

79
【87】

80
【88:チャセンシダ?】

81
【89】

82
【90:クリハラン】

途中、声をかけてくださった女性はガイドさんとのこと。翌日の案内の下見(足元の水量など)にいらしていたそうで、前日ののいち動物公園の非番飼育員さんに引き続き、色々と教えてくださった。なんという幸運な。
観光協会経由でガイド案内(有料だけどお安い!)を申し込めるそうなので次回はお願いしたい。

で、ガイドさんに教わらなければ絶対にわからなかったのがこちら。
83
【91:貝の化石!】

84
【92】

85
【93】

86
【94:93の裏】

87
【95】

88
【96】

89
【97:シロヤマゼンマイ】

90
【98】

散策ルートマップによると下記コースが40分目安。
公民館・Kマート~入口~洞窟~シダ多い~橋~滝(入口より400m)~舗装路に出て太平洋見晴らしポイントなど~公民館・Kマート

私達はシダ狙いだったので、滝で折り返して同じ道を戻った。
2時間半くらいかけたが、するする~と歩いてちょっと写真撮るくらいなら30、40分もあれば足りそう。
ここも再訪決定です。次の四国旅(いつ?)が楽しみだな。

category: シダ・植物

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1589-93e81afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)