FC2ブログ

ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

映画『万引き家族』  

本なら読後感、映画の場合は何というのか。鑑賞後感…観後感。検索してみたら同様の疑問を持つ人がいるもので、しかし結論は出なかった。
その、観た後の感じが『誰も知らない』(2004)に似ているなと思ったら同じ監督さんだった。万引き少年役も、当時の柳楽優弥君とどことなく通ずるような。

邦画をあまり観ないので、どの俳優さんも映画館できちんと鑑賞するのはほとんど初めてなのだが、演技そのものも堪能した。
リリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラや子役達などそれぞれに心つかまれたし、脇役も存在感があった。雑貨屋のオヤジ(柄本明)や4番さん(池松壮亮)の登場場面は短いながらも素晴らしかったですよ。

貧困、労働、虐待など社会問題が詰め込まれ、自分の中でどのように消化すればよいのか、出来るのか。
そもそも自分は何を感じたのか、感じたには違いないが果たして言語化できるのか。
その輪郭の見えない何かに関してそのまま忘れ去ってはいけないな、ちゃんと考えないと、と思わせる映画だった。
まあ登場人物が多かったからというのもあると思うので、一人ひとりのその後とか、その前とかも観てみたい。書籍でも良いので。

『そして父になる』も映画館で観れば良かったかな。
内容的にはとても惹かれていたのだが、演者の顔ぶれがTVっぽいと萎えてしまうのだ。いや、TVと映画、どっちが上とか下とかではなくてそれぞれの良さがあり、やはり明らかに別物だと思うので。映画は、映画らしい俳優さんで観たいのだ。

category: 映画館・上映会など

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1593-034c84b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)