FC2ブログ

ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『 国のために死ぬのはすばらしい?』ダニー・ネフセタイ  

「捕虜になってはいけない、最後まで戦い続ける」「 国のために死ぬのはすばらしい」
イスラエルの子供達は就学前からこう教え込まれるそうだ。
国は高校生をアウシュビッツに行かせ、負の遺産すら洗脳の道具にされてしまう(このような悲劇が二度と起こらないようにイスラエルの軍事力が大切だ、という感想文が新聞で紹介されたりする)。

幼い頃から軍国教育を受け、空軍に所属していたこともあるダニーさんが退役旅をきっかけに日本に居を構えて数十年。
家具職人であり、脱原発と平和を訴える活動家でもある。

ものづくりの人として目指すもの。
イスラエルはなぜ戦争という手段を放棄できないのか。
差別意識に気づくとき。

大切なことがたくさん詰め込まれた一冊です。
何しろ、文章が読みやすく奥様(日本人)との出会いや田舎の家探しなどのエピソードなども紹介され読み物としても飽きさせない。

2月の講演会で購入した本でした。

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musizakki.blog130.fc2.com/tb.php/1604-c6277df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)