ムシバナシの雑記帳

日々雑感あれこれです 日課は踏台昇降と読書少々、朝のしらすご飯と焼海苔

『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』  

「警察が私達を守ってくれるので、この国には軍隊はいらないのです」
…何!?警察が国民を守ってくれると。そうか。そういう国もあるのだ。

10日(日)尾道の香味喫茶ハライソ珈琲にて上映会が催されたので、参加した。
あらすじ、予告動画等の詳細は公式サイトへ。
コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~

軍隊を廃止した国、コスタリカ。
どうやって実現したのか。
そうは言っても他国が攻めてきたら。

一言一句聞き逃すのが勿体無いような、人々の力のある、でも実は当たり前の数々の言葉。
全編文字起こししたいくらいだ。
そう思いながらクラクラしていると、それでもやはりあらゆる問題はあったりして、そういう闇の部分も描かれている。

コスタリカ関係の本は読んだりしたが、再読していないので忘れているし、映像の力を感じた。
うまく、過去の偉人達の画像も混ぜ込んだりして効果的だよね。

国際法か。その辺りもまったく明るくないので、とりあえず図書館で国際法入門を予約した。

1

category: 映画館など

tb: 0   cm: 0

中村敦夫 朗読劇『線量計が鳴る』  

福島原発事故の実態やチェルノブイリ視察、原子力ムラの構造などが、元・原発技師だった老人の独白、という形で語られる。

日本と原発』『太陽の蓋』などの原発映画の場面を思い出したり、原発問題の総復習・仕上げという印象だ。2時間にこれだけの内容を凝縮させたのに詰め込み感もなく。これは脚本の素晴らしさなのだろうか。
方言の語りと絶妙な間合いと抑揚で堅い内容も飽きさせず。表現者ってすごいんだな…。

上映会の主催者ブログはこちらです。
満員御礼!中村敦夫『線量計が鳴る』福山上演

IMG_20170909_224902_convert_20170909225505.jpg

category: あれこれ

tb: 0   cm: 0

『ぐるぐる♡博物館』三浦しをん  

返却期限が迫っていたのでザザーッと斜め読みした。
ちょっと変わった博物館あれこれの取材・体験記事。

興味のない分野の博物館でも、館長さんや学芸員さんの解説付きならおもしろいのかもしれない、と思えてくる。
いや、でも例えば野球博物館とかあったとして、そもそも行かないな。何らかの理由で行ったとして、凄腕氏による超絶解説があれば楽しめるのか。うーん。中年女の凝り固まった感性が試される。
子供の頃は巨人の星とかアパッチ野球軍とかがんばれベアーズとか好きだったのにな。

category:

tb: 0   cm: 0

『白い標的 南アルプス山岳救助隊K-9』樋口明雄  

強盗だ、殺人だ、山だ吹雪だ雪崩だ高山病だ!
ハラハラ要素が満載でおもしろかった。山岳救助隊は安定のカッコ良さ。救助犬のメイとバロンも活躍する。

category:

tb: 0   cm: 0

ゴマダラカミキリとハエトリグモ  

8月下旬。

和編鐘という楽器の演奏会があると知り、3年振りにホロコースト記念館へ。“アンネのバラ園”にて発見。バラ科植物の害虫らしい。
珍しくない虫だが、随分久し振りに見た。捕まえたらジィージィーと。
1
【ゴマダラカミキリ】

こちらは家の外壁にて。クモはどしてもボヤボヤ映る。
2
3
【ハエトリグモ】
白?生成り?の首輪をしている。
買ったばかりの“ハエトリグモハンドブック”をめくるが、種類はよくわからなかった。

category: 虫など

tb: 0   cm: 1